【京セラ】シャープナーのデメリットは?砥石との違いや優劣を詳しく紹介!

わずか数回引くだけで研ぐことができる『シャープナー』。非常に便利ですよね。

砥石と比べてシャープナーが便利で使っているけど、別に問題ないよね?

シャープナーにデメリットはないのか?
『研ぐ』ことについて調べまくった筆者がお答えします。

【結論】
シャープナーは簡単に使えて便利ですが、以下のようなデメリットがあります。

・一時的なもので持続性はない
・研ぐ頻度が多くなる
・研ぎ方によっては湾曲した形になる
・片刃ナイフ(出刃包丁、刺身包丁等)、特殊な刃付けのナイフ(パン切り包丁等)は研げない

この記事では、シャープナーのデメリットや、砥石との比較などお伝えします

▼詳しくはこちらから▼

京セラ 包丁研器 手動 ロール シャープナー ファイン セラミック 砥石 金属 専用 簡単 丸洗い OK Kyocera RS-20-FP

NESHEXST 雑誌ドゥーパ!掲載モデル 剛力砥石 包丁 研ぎ石 両面砥石 セット 1000/#6000 料理人推薦

京セラ 日本製 シャープナー 研ぎ器 はさみ 用 ファイン セラミック ブラック Kyocera HTNBK

 

【シャープナーのデメリット】一時しのぎ!

・一時的なもので持続性はない

・研ぐ頻度が多くなる

・研ぎ方によっては湾曲した形になる

・片刃ナイフ(出刃包丁、刺身包丁等)、特殊な刃付けのナイフ(パン切り包丁等)は研げない

包丁はまな板とぶつかることの衝撃により、刃先が徐々に丸くなって切れ味が落ちていきます。
シャープナーは丸くなった刃先を『こする』ことにより、一時的に切れ味を回復させているに過ぎません。

だからこそ、切れ味はすぐに悪くなるし、その都度シャープナーで研ぐ機会が増えることになるのです。

シャープナーを包丁全体に使っていますか?
よくあるのが、包丁の腹の部分にしか使わない場合です。

そんな使い方をすると包丁の真ん中だけ短くなってしまう、いわゆる湾曲型になってしまい、使い辛くなってしまいます。

他にも、シャープナーは片刃ナイフ(出刃包丁、刺身包丁等)や特殊な刃付けのナイフ(パン切り包丁等)には使うことができません。

 

【シャープナーのメリット】とにかく簡単に使える!

なんでシャープナーを使うのか?
それは簡単に使えて、切れ味が回復するからです。

食材を切っていて、切れ味が悪くなったらシャープナーで数回引くだけ。
それだけで切れ味が戻るもんだから、めっちゃ楽ですよね。

忙しい日々の中で、包丁の手入れまで行き届く人はどれくらいいるでしょうか?
料理人以外だと、ごく少数だと思います。

そんな忙しい人の強い味方、それがシャープナーですね。

 

シャープナーと砥石の違いは持続性!

シャープナーは丸くなった刃先を『こする』ことで、一時的に切れ味を回復させます。

対して砥石は、金属を『削る』ことで刃先を鋭くしていきます。

どちらも切れ味に関してはそれほど差は出ないでしょう。

しかし、『表面をこするの』と『しっかり金属を削る』のでは、刃の持続性に大きな差が出ます。

包丁を大事にしたい人であれば、断然に砥石がおすすめになります。

 

結局シャープナーと砥石はどっちがいいの?(比較すると)

結局シャープナーと砥石はどっちがいいの?(比較すると)

金属製(ステンレス、鋼等)やチタン製、セラミック製の両刃ナイフ用で、安価で一時的に使えたらいいならば『シャープナー』。

片刃ナイフ(出刃包丁、刺身包丁等)や特殊な刃付けのナイフ(パン切り包丁等)で、包丁を大事にして長く使いたければ『砥石』。

といったところでしょうか?

 

そもそもシャープナーと砥石では仕様が違うので比較できるものではないかも…

シャープナーと砥石を比較してきましたが、本来なら比較できるものではないかもしれません。

砥石は包丁を長持ちさせるために『手入れ』が目的であり、シャープナーは切れ味を回復させるための『応急処置』であるからです。

完璧な手入れとただの応急処置では比較の仕様がありませんね。

どっちが必要といわれると『どっちも』あった方が便利と答えます。
両方あった方が使い分けできるわけですし。

仕上げは絶対砥石なので、どっちを買うか迷ったら砥石がおすすめです。

 

まとめ:包丁を大事に使うなら砥石!

シャープナーは簡単に使えて便利ですが、意外とデメリットがありました。

・一時的なもので持続性はない

・研ぐ頻度が多くなる

・研ぎ方によっては湾曲した形になる

・片刃ナイフ(出刃包丁、刺身包丁等)、特殊な刃付けのナイフ(パン切り包丁等)は研げない

安価な包丁で、あまり料理をしない人用でしょうか。

反対に砥石は包丁を長持ちさせるのに必須なものです。
よく料理をしたり、包丁を大事にする人にはなくてはならないものですね。

シャープナーと砥石は仕様が違うのでどっちがいいとはいえませんが、砥石を買っておけば間違いはないと思います。

▼詳しくはこちらから▼

京セラ 包丁研器 手動 ロール シャープナー ファイン セラミック 砥石 金属 専用 簡単 丸洗い OK Kyocera RS-20-FP

NESHEXST 雑誌ドゥーパ!掲載モデル 剛力砥石 包丁 研ぎ石 両面砥石 セット 1000/#6000 料理人推薦

京セラ 日本製 シャープナー 研ぎ器 はさみ 用 ファイン セラミック ブラック Kyocera HTNBK